2013年1月22日火曜日

台湾最大級の「士林夜市」に行ってきた

台湾の屋台はすごいと聞いていたので、行く前からワクワクしてました。

 初日の夜の予定が空いていたのでホテル到着後早速タクシーをひろって台湾最大規模の夜市と言われる「士林夜市」(シーリンイエシー)に行ってきました。

 MRTで行く場合は「剣潭駅」で降りるとすぐです。 夜の9時くらいだったのですが、タクシーでMRT「剣潭駅」の前に降りるとすごい人の多さで、どこに向かって行けば良いか一目でわかります。

 

 人の流れに身を任せ路地に入るとそこも人の波がすごいです。

 

 雑貨、服、飲食店などがひしめき合っています。 突っ込みどころがある店が多く、この店はぬいぐるみが首つり状態になっていました。

 

 細かい地図もないので人の流れに身を任せ、適当にぶらぶら歩いて楽しむことにします。

 

 「少年様」って多分若者向けってことなんでしょうか?

 

 道路の真ん中に敷物を引いて店を広げていますが、もはやなんでもありですね。

 

 屋根付きのきれいな場所もあり、ここでも雑貨屋やゲーム屋台、フルーツをその場で食べさせてくれる屋台などもありました。

 

 いろいろと買い食いしたかったのですが、台湾の旅行の初日では屋台のご飯は当たると次の日から動けなくなるのでやめた方が良いと言われて控えていました。 タピオカドリンクなら大丈夫だろうと思い、飲みたくなったので買ってみました。

 

 45元(126円)でタピオカミルクティーを買いましたが、さすが夜市です。 安くておいしい! タピオカも久しぶりに食べましたが、なんで最近日本で見なくなってしまったんだろうと思うくらい美味しくて、ぜひ日本でも食べたいです。

 ライトアップもしていて明るいです。

 

 歩いていたらお寺に出てきましたが、派手なお寺でかっこいいです。

 

 途中でお腹がすいたので、からあげ70元(198円)を買いました。

 

 有名なお店なのかテレビの取材を受けたときの映像をずっと流しています。 番号が呼ばれると、そのテレビに映っていたおじさんが唐揚げを渡してくれました。

 

 ソースはタイっぽく、パクチーの入ったような感じで辛かったですがおいしいです。

 

 ボリュームもあって満足でした。

 ふわふわなせんべいみたいなお菓子も味見しましたが美味しかったです。

 

 機械が自動でどんどん作っていきます。

 

 より狭い路地を発見したので入って行きました。

 

 ここは服屋が多かったです。 路地を抜けるとレトロな感じの映画館がありました。

 

 そこからまた屋台がある通りに向かっていきますが、あまりの人の多さで人の流れが自動的に右側通行になっていました。 初めて見る大きさの巨大ソーセージです。

 

 旅行最終日だったら食べてたなぁ。

 士林夜市で何度か見かけたカエルの看板。

 

 最初は本当にカエルの肉とか売っているのかと思っていたのですが、あとで調べたら普通のタピオカジュースを売る店だそうです。 確かにカエルの卵とタピオカは似ているけど、あまり連想したくない組み合わせですね。

 歩いているとたまにすごい臭くなるときがあります。 「臭豆腐」という料理を売っているのですが、名前のとおり臭い。 試してみる気にならずスルーしました。

 歩いているとヘルメット型の傘を売っている店がありました。

 

 子供がこの傘をさしていたらかわいいですね。 旅行日程の初日に来たので買い食いを控えましたが、最終日とかだったら安いお土産も買えてよさそうです。 9時頃から11時頃までいましたが人はぜんぜん減らず、どんどん増えてきているような気もしました。 1時くらいまで賑やかだと聞きましたが、11時であの人の多さなら3時くらいまで賑やかな感じもします。 大通りに出るとタクシーがたくさんいるので、タクシーに乗って帰りました。


《HISの台湾旅行特集へ》

0 件のコメント:

コメントを投稿